ニダー 東亜news+

東亜news+

2ちゃんねる東アジアニュース
(´・ω・`)相互RSS

元祖オワタあんてな全記事一覧他の問い合わせ | 性機能改善!ED治療薬はこちらから

【韓国】歴史・領土問題で挑発続ける日本 外交摩擦は長期化必至[02/14] 

1:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/02/14(火) 17:10:57.69 ID:CAP_USER.net
聯合ニュース 2/14(火) 17:00配信

【東京聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像が韓国・釜山の日本総領事館前に設置された問題でこじれにこじれた韓日関係が、独島に対する日本政府の歪(ゆが)んだ教育の法制化でさらに悪化の一途をたどっている。

 少女像の設置に抗議し、日本政府が長嶺安政・駐韓大使と森本康敬・釜山総領事を一時帰国させてから1か月以上たつが、韓日間の対立はすでに敏感な領土問題に飛び火し、簡単には解消しそうにない。

 民間団体が設置した少女像に対する日本側の撤去要求が韓国で受け入れられない状況である上、日本政府が独島を自国領とする歪んだ領土教育を法制化する小中学校の学習指導要領改訂案をまとめたことで、韓日間の外交摩擦は長期化が避けられない見通しだ。

 これまでのプロセスを見ると、日本の措置はかなり意図的で、計画的だったとの感をぬぐえない。

 ソウルの日本大使館前には数年にわたり少女像が置かれているにもかかわらず、日本は昨年末に釜山の日本総領事館前に新たな像が設置されたことを理由に、1月6日、長嶺氏と森本氏を一時帰国させ、金融危機の際に外貨を融通し合う韓日通貨交換(スワップ)協定の再開協議を中断することなどを発表。文字通り韓国を「挑発」した。長嶺氏らは同9日に帰国し、現在まで1か月以上にわたり日本に滞在している。

 その一方で、安倍晋三首相は同8日にNHKの番組に出演し、日本が2015年末の慰安婦合意に基づいて10億円を拠出したことを挙げながら、韓国に合意の履行を迫った。問題解決のために「日本が動く必要はない」という首相周辺の発言も、韓国国民の感情を刺激した。

 それからほどなくして、韓国・京畿道議会の団体による独島への少女像設置計画が発表され、独島を行政区域に持つ慶尚北道の金寛容(キム・グァンヨン)知事が独島を訪問。また、韓国人が長崎県対馬市の寺から盗んで韓国に持ち込んだ、数百年前に日本が強奪したと推定される仏像について、韓国の大田地裁が浮石寺(忠清南道瑞山市)への引き渡しを命じた。

 これらを受け、日本は妄言を繰り返した。岸田文雄外相は1月17日、独島への少女像設置計画について意見を問われると「竹島は日本固有の領土」だと述べ、韓日の葛藤を「わざと」領土紛争に広げるという「小細工」をろうした。3日後の衆参両院本会議での外交演説でも、独島が日本の領土だとの主張を繰り返した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-00000067-yonh-kr





t

【現代経済研究院】韓国経済、不確実性拡大…金融危機レベル超えることも [02/13] 

1:荒波φ ★@\(^o^)/:2017/02/13(月) 14:17:16.13 ID:CAP_USER.net
[写真:NEWSIS]




12日、現代経済研究院の発表によると、内憂外患を経験している韓国経済が“不確実性の罠(Uncertainty Trap)”にはまることがありえると警告された。

報告書によると、昨年12月を基準にした韓国経済の対内外の不確実性指数は48ポイントで、
すでに欧州財政危機(2011年10月・52.8ポイント)レベルまで急上昇した。


2017/02/13(Mon) 11:45
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=18&ai_id=229100





t

【話題】韓国人「兵役につかなければならないけど、できることなら行きたくない」 

1:鴉 ★@\(^o^)/:2017/02/12(日) 03:54:35.81 ID:CAP_USER.net


<Wコラム>守るものがあるが故に、あなたは本当に「韓国」を知っている?

さて軍隊のことを長々とお話しましたが、国を守るため兵役につかなければならないと思いつつ、できることなら行きたくないのが本音です。

不正に診断書を提出するなど、あの手この手を使って軍隊に行かない輩もいます。

 しかし大統領や大臣など公職に就きたい人は、この兵役の問題がネックになることがよくあります。

 ある高名な与党の大統領候補はその能力にもかかわらず息子の兵役逃れ疑惑で落選しました。

また兵役に行かず大臣になれなかった人はたくさんいます。

 北朝鮮といまだに戦時状況下にある韓国では兵役を廃止しようという議論は皆無です。韓国の男性であれば誰もが行かざるを得ない軍隊について知らないと、韓国人と本当の友達にはなれません。


 なぜなら韓国人は、酒の席に集まると各自の軍隊経験をまくし立てるからです。私も韓国人になろうと(書類上の国籍でなく)努力しましたが、日本育ちで軍隊について教育を受けてないので話の輪に入ることができず疎外感を覚えていました。

 旅団や軍団の規模、歩兵と砲兵の意味もわからず恥をかいたこともありました。人間つらかった体験は忘れないもので、その体験を話したがるのが人情です。ですからこの軍隊の話題から入るのが韓国人と親しくなる近道です。

 そして韓国人が上からの命令を迅速に行うのも軍隊での経験であり、不可能でも可能にする根性も軍隊体験から来たものです。

韓国戦争を経て六十年、ここまで発展したのも一糸乱れぬ統率された軍隊経験が下支えになったからです。韓国の男性タレントがシャキッとしているのも軍隊でしごかれたからです。

 日本の男性が韓国のように軍隊経験をしていたら草食動物化していなかったかもしれません。といっても、軍隊を礼賛するつもりは毛頭ありません。
不条理な命令でも反対できず、良心を曲げてまで命令に従わざるを得ないことや暴力が支配する雰囲気を肯定するつもりはありませんが、国であれ家族であれ「守る」という気持ちが軍隊で育まれたのもまた事実です。


文=権 鎔大(ゴン ヨンデ)
出典=『あなたは本当に「韓国」を知っている? 』(著者/権鎔大 発行/駿河台出版社)
http://s.wowkorea.jp/section/column/read/183587/





t

【ハンギョレ】 ずさんな口蹄疫防疫…韓国政府、17年間3千億円を無駄に[02/11] 

1:LingLing ★@\(^o^)/:2017/02/11(土) 10:34:23.77 ID:CAP_USER.net
ずさんな口蹄疫防疫…政府、17年間3千億円を無駄に ハンギョレ新聞 2/11(土) 7:04配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00026491-hankyoreh-kr

・2000年以来8回発生、殺処分の牛・豚391万頭 補償金・所得安定など政府財政3270億円使用
・解決策としてワクチン導入されたが、口蹄疫の発生止まらず
・牛0.8%だけを抗体検査、ワクチン接種の事後管理のずさんさが明らかに

口蹄疫が初めて発生した2000年から昨年まで17年間、牛と豚の殺処分補償金など直接的な被害の収拾に3兆3千億ウォン(約3270億円)の政府予算が使われたことが分かった。
二種類のウイルスが同時に発生して、流入経路すら把握するのが容易ではないなど、口蹄疫の問題は複雑さを増しているが、ずさんな防疫体系により被害が拡大している。
10日、農林畜産食品部の資料によると、口蹄疫は国内で2000年以来、8回にわたり発生し、短くは15日から長くは147日まで続いた。2010年以降はさらに頻繁に発生している。
16年間、殺処分された牛と豚だけで390万5千頭に達し、殺処分補償金・所得安定など、被害の収拾に使われた政府財政だけで3兆3192億ウォンに達する。

歴代最悪の口蹄疫は2010年11月から2011年4月まで145日間発生したが、豚332万匹と牛15万頭など348万頭が殺処分された。
その時に講じられた対策がワクチンの接種だった。ワクチンの接種には1年に900億ウォン(約89億円)ほどかかる。
昨年基準で国費が371億ウォン(約37億円)、地方費が159億ウオン(約15億7千万円)、農家の負担が388億ウォン(約38億円)など、ワクチンの接種に917億ウォン(約91億円)が費やされた。

しかし、ワクチン接種も口蹄疫を防ぐには不十分だった。ワクチンを義務化したが、2014年12月から2015年4月まで147日間185件、昨年は21件の口蹄疫が発生した。
今年も忠清北道報恩(ボウン)、全羅北道井邑(チョンウプ)、京畿道漣川(ヨンチョン)で相次いで口蹄疫が発生し、拡散の兆しを見せている。
今まで牛825頭が殺処分された。今回は2つのタイプのウイルスが初めて同時発生し、防疫にも困難を極めている。口蹄疫は、鳥インフルエンザとは異なり、空気感染で広がる。
100キロメートル以上離れた忠清北道報恩と全羅北道井邑の口蹄疫ウイルスが同じ類型であることが明らかになったことを受け、農林部は「全国各地にウイルスが広まっているようだ」と説明した。

このように口蹄疫拡散の危険性が高い状況で、ワクチンの接種は最も核心的な防疫だが、ワクチンの接種に対する政府の管理のずさんさが明らかになり、不安がさらに高まっている。
ワクチンが義務化されてから7年目になっても、政府は事後管理をきちんとしていないことが分かった。 昨年、牛を飼っている9万8千の農家の7%である6900カ所だけが抗体検査を受けた。
頭数からすると、牛330万頭のうち0.8%である2万7千頭で、ワクチンの効果を検証するシステムが極めてずさんであることがわかった。
実際、口蹄疫が確認された忠清北道報恩の農場は、抗体形成率が19%、全羅北道井邑は5%に過ぎないなど、防疫に穴が開いた。
これに対して農林部関係者は「これまで豚に集中的に口蹄疫が発生しており、牛のワクチン接種を疎かにした側面があったと思われる」とし、「ワクチンが十分に接種されたかを確認できるように農場点検の回数を増やして対象の牛数も拡大する方針」だと話した。

一方、忠清北道報恩で再び確定判定が出て、口蹄疫はすべて4件に増えた。初めて口蹄疫が発生した乳牛農場から1.3キロメートル離れた炭釜面(タンブミョン)の韓牛農場(115頭)だ。
今回の口蹄疫は忠清北道報恩、全羅北道井邑と同じ「O型」であるが、発生農場の抗体形成率は30%で非常に低かった。新たに発症した報恩の農場と近い他の農場からも抗体形成率が6%に過ぎなかったものと調査された。

キム・ソヨン記者、清州/オ・ユンジュ記者





t
プロフィール
2ちゃんねるの数ある板から 特亜ニュース

東亜の光

Author:東亜の光

苦情、リンク依頼などの問い合わせは↓
問い合わせ
広告依頼
translate this blog into

free counters
FC2カウンター
フリーエリア