【日経ビジネス】「沈む米国、昇る中国」に右往左往の韓国(鈴置高史) 東亜news+

東亜news+

2ちゃんねる東アジアニュース
(´・ω・`)相互RSS

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

元祖オワタあんてな全記事一覧他の問い合わせ | 性機能改善!ED治療薬はこちらから

【日経ビジネス】「沈む米国、昇る中国」に右往左往の韓国(鈴置高史) 

1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/03(火) 23:45:04.24 ID:???
今、韓国人は「丙子胡乱」(ピョンジャ・ホラン)を思い出す。急速に勃興した清帝国に逆らった結果、民族的な屈辱を味わった事件だ。では、400年も前の事件が「なぜ今」なのか――。読者と考える。

-「『異様な反日』を生む『絶望的な恐中』」を読んで、米国が大好きな韓国人が、
中国の言うことばかり聞くようになったわけが、ようやく分かりました。中国を心底、恐れているのですね。

鈴置:ええ、丙子胡乱により「中国には逆らってはいけない」という意識が民族のDNAとして染みついたかに見えます。

-では、その不愉快な記憶であるはずの「丙子胡乱」が、なぜ今、ちょっとしたブームになっているのでしょうか。

鈴置:韓国人にとって、その歴史的事件は現在の国際情勢と二重映しになるからです。
朝鮮が清に攻められたのは、明こそ宗主国と信じていて、台頭する清に素直に服属しなかったためです。
明の求めに応じ、清に国号を変える前の後金を攻撃したこともありました。1619年のサルフの戦いです。
清が朝鮮を敵国、あるいは潜在敵国と見なしたのも当然です。

当時の中国は明から清への交代期で、2つの王朝が併存していた。今風に言えば、G2の時代だったのです。
しかし、朝鮮は滅びる明に賭けてしまった。
それは明が自分よりも「上」の漢民族の王朝だったからですし、壬辰倭乱・丁酉倭乱(文禄・慶長の役)の時に、兵を送って救ってくれた明には恩義がある、と考えたからです。

-なるほど!現在の「米中G2時代」は韓国人にとって「明清G2時代」の再現なのですね。

鈴置:だから今、史学者であるハン・ミョンギ明知大学教授の書いた、
歴史小説『丙子胡乱』が話題になっているのです(「『異様な反日』を生む『絶望的な恐中』」参照)。各紙の書評の見出しは以下の通りです。

・「G2時代に丙子胡乱を振り返れ」(東亜日報、10月30日)。
・「『沈む明、浮上する清』を知らなかった(当時の王の)仁祖、丙子胡乱を呼んだ」(朝鮮日報、11月2日)。
・「米中日の間に挟まれる韓国 丙子胡乱を反面教師に生き残ろう」(韓国日報、11月2日)。
・「情勢を誤って判断 『丙子の年の惨劇』 G2時代に投げかける教訓」(ハンギョレ、11月3日)

-まさに現代と二重映しですね。では、丙子胡乱から何を学べ、と韓国紙は主張しているのでしょうか。

鈴置:一言で言えば「米国一辺倒では危ない」「米中間で二股外交しよう」です。朝鮮戦争で米国に国を救って貰った。
これに義理を感じて米中対立時に米国側に立つと、明に義理立てして清に逆らった時と同じ失敗を犯す。
だからここは中国にもいい顔をしておこう――との教訓です。これは韓国人の合意になりつつあります。

韓国の東アジア研究院が今年5月に発表した「安保危機と韓国人の安保意識」に、興味深い設問と答えがあります(注1)。
「米中が深刻な葛藤に至った時、どう対応すべきか」との問いに対し、韓国人の51.3%が「中立」と答え、
「米国を支持」の45.6%を上回ったのです。ちなみに、3.0%が「中国を支持」です。
北朝鮮の脅威からは守ってくれ。でも、中国との争いには巻き込まないでほしい――というのが韓国人の米国に対する本音なのです。

「96%の韓国人が、韓米同盟が必要だ」と考えているというデータがあります。
東亜日報が2013年9月時点でアンケートした結果です。でも、だからといって米韓同盟が盤石とは決して言えないのです。

-韓国の虫のよさに米国が怒りだす、ということですね。

鈴置:もちろん、それもあります。加えて韓国側の事情もあります。
もし米中の本格的な争いに巻き込まれそうになったら、韓国は米国との同盟を打ち切りかねないのです。

すでに、米国主導のミサイル防衛(MD)にさえ、韓国は参加を渋っているのです。
MDは韓国を北朝鮮の弾道ミサイルから守るのが目的だけれども、
グアムなど米国や在日米軍を守るためでもある。当然、中国の不興を買うわけです。

(続く)

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20131121/256164/?n_cid=nbpnbo_top_rcmd&rt=nocnt
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20131121/256164/?P=2


2: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/03(火) 23:45:50.53 ID:???
>>1の続き

-いくら米国が好きといっても、国が滅ぶかどうかの瀬戸際で米韓同盟にしがみ付くわけにはいかない、ということですね。

鈴置:全くその通りです。400年前の韓国人だって、明が好きだったけれど、結局は覇権を握った清の属国になったのです。
ですから「我々は米国が好きなので『離米従中』などあり得ない」という韓国人の言説を、そのまま信じるわけにはいきません。
彼らの主観ではそうなのでしょうけど。

今、注目すべきは、MDなどを米国がこれ以上、強要すると韓国で反米感情が高まる可能性があることです。
韓国人の多くは「米国は明のように沈んでいく可能性が大きい。そのくせに、韓国を道連れにしようとしている」と考えています。
中国を怒らせるMDの申し出などは、実に有難迷惑なのです。

対照的なのが日本人です。「中国はとにかく日本を潰しに来ることが分かった。
米国とともに中国包囲網を作るしかない」と決意しました。だから、日本人は韓国人の発想がなかなか理解できないのでしょう。

-韓国人は本当に「明のように米国が沈んでいく」と考えているのですか?

鈴置:人によりますが日本と比べ、より多くの人がそう信じています。
「明清G2時代」に老大国に頼って国を滅ぼしかけたことへの過度の反省から「米中G2時代」でも、
つい「新しい勢力が勝つ」と思ってしまうのでしょう。

そもそも韓国は、19世紀末に日清戦争で清が負けるまでの永い間、中国の属国だった。
「超大国たる中国」はなじみ深い存在なのです。これまた日本人とは異なって、それに従うのに違和感は持たないのです。

先に引用した、朝鮮日報の見出し「『沈む明、浮上する清』……」を見た韓国人は、
瞬間的に頭の中で「『沈む米国、浮上する中国』……」という文言に置き換えたことでしょう。

左派系紙、ハンギョレはもっと明快です。「情勢を誤って判断 『丙子の年の惨劇』 G2時代に投げかける教訓」
の記事でも「米国頼みでは危ないぞ」との主張を露骨に打ち出しています。
「今日の明と清はどちらで、事大主義者は誰か」という小見出しに続く文章が以下です。
ちなみに、主体性もなく大きな国の言いなりになることを意味する「事大主義」という言葉は、韓国では自省の念とともにしばしば使われます。

・「尊明事大」の世界観にとらわれた仁祖とその取り巻きは、東アジアの情勢変動の意味を把握できず、古い体制と既得権に身を委ねた。
・その結果、情勢変化を有利に活用する戦略的思考もできなかった。今、また、そんな時代ではないのか?

中国側に行こうとまでは書いていません。しかし、韓国の保守が米国一辺倒だったことを痛烈に批判しています。
「尊明事大」とか「古い体制と既得権に身を委ねた」という表現は、「尊米事大」であり「独裁政権の残党である」保守への皮肉そのものです。

11月8日、朝鮮日報の主筆兼編集人の姜天錫(カン・チョンソク)氏が「丙子胡乱ブーム」に触発されたと思われる記事を載せました。
見出しは「米中角逐時代の米国の意味」です。前文で以下のように記しています。

・「朝鮮半島の空に太陽が2つ」との声がにわかに、しきりに聞こえる。米国と中国が勢力を争う様を称した言葉だ。
・左派の一部には中国を「昇る太陽」、米国を「沈む太陽」に例える。
・(彼らは)丙子胡乱まで遡り、大陸の形勢を読み誤まったことで国の恥辱と民の苦難を呼び込んだ事例でもって人々の心を揺さぶり、
さりげなく韓米同盟に打撃を与える。

過去の失敗事例をそのまま現代に当てはめる、安易な「丙子胡乱ブーム」に警鐘を鳴らしたのでしょう。
ことに、ハンギョレなど左派がこれに乗じて「米韓同盟破棄」の空気を醸し出すことを警戒したと思われます。本文の結論部分は以下です。

・(韓国がとるべき道への)正しい答は韓米同盟だ。
東北アジアで中国の衝撃を吸収する均衡者として米国が機能している今の現実を、現実そのままに見るべきなのだ。

「まだまだ米国はアジアで力を持っている。韓米同盟破棄などと早まってはいけないぞ」とのメッセージです。

(続く)

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20131121/256164/?P=3
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20131121/256164/?P=4

3: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/03(火) 23:46:17.87 ID:???
>>2の続き

-姜天錫主筆は「中国とは距離を置き、海洋勢力側に戻ろう」と主張しているのですか?

鈴置:そこまでは言っていないのです。前文では以下のようにも書いて、中国との関係維持を訴えています。

・一部右派の中には、米中間で選択をせねばならぬ時期が来たと、訳知り顔で語る人もいる。

この部分は「中国と敵対するのを覚悟で米国との同盟を強化しよう」と主張する、
趙甲済氏ら海洋勢力派を批判したと受けとれます(「米国も見透かす韓国の『卑日一人芝居』」参照)。

要は、姜天錫主筆の主張は「どちらに付くか、今決めるべきではない」という二股外交論です。
だから、米国から離れようとする左派に対しても、中国を敵視する右派も批判しています。
たぶん、これが韓国人の平均的な考えではないかと思います。
親米と恐中の情緒をともに満足させるには、この道しかないからです。

世論を気にする現政権も、基本的にはその路線が一番穏当な選択と考えるでしょう。
ただ、朴槿恵外交は「日本憎し」が高じて結果的に米国を離れ中国に傾き過ぎた、との懸念を韓国人から持たれ始めましたが。

-二股外交は永続きしますか?

鈴置:確かにそれは綱渡りです。米国も韓国のコウモリぶりには怒り始めたようです(「ついに米国も韓国に踏み絵を突きつけた」参照)。
そして、それには韓国もヒヤリとしたようです(「日米同盟強化で逆切れした韓国」参照)。
韓国の最高指導層は以下のような戦略を立てているように見えます。

・決定的な踏み絵を迫られるまでは、米国に軸足を置いた二股外交でいく。
・ただ、米日韓3国軍事協力の強化など米国の要求に対しては「日本が歴史を反省しない」
と言い張って逃げ回る(「『卑日』で前面突破?逆切れの韓国」参照)。
・そうして時間を稼ぐうちに、もし中国の浮上が止まれば、そうっと米国側に戻る。
・反対に、中国が覇権国になることが明らかになれば、その時点で中国側に付く。

-では当面、韓国は「米国に軸足を置いた二股外交」を展開するということでしょうか。

鈴置:韓国としてはそうしたいでしょう。でも、そううまくいくかは分かりません。
現に、韓国は米国と同盟を結びながら、安全保障に関しては中国の意向通りに動くようになりました。

米国主導のMDへの参加に関しても、日本との軍事協定締結も、それらを含む米日韓の軍事協力体制強化も、中国の顔色を見て、すべて米国に「NO」と言い続けているではありませんか。すでに「米中両属」状態です。
膨れ上がる一方の、韓国人の対中恐怖感を見落とすと展開を読み誤ります(「『異様な反日』を生む『絶望的な恐中』」参照)。
米国や日本に包囲網を作られた中国は今後、韓国への圧迫をどんどん強めていくことも考え合わせると「二股外交」は容易ではないのです。

-米中双方から今以上に厳しく踏み絵を迫られたら、韓国はどうするのでしょう。

鈴置:中立化したうえ、核武装に走るかもしれません。
その可能性は日本人が考える以上に大きいのです(『中国という蟻地獄に落ちた韓国』第2章第4節「今度こそ本気の韓国の『核武装論』」参照)。

-核武装ですか!

鈴置:ええ。韓国人は日本人と異なり、核アレルギーはありません。米国の核の傘から出た後には、
北朝鮮と中国、さらには日本の脅威から身を守るため、核を持とうとごく自然に考えるでしょう。
「安保危機と韓国人の安保意識」でも「核兵器保有に関しどう考えるか」と聞いています。
韓国人の33.7%が「大いに賛成」、39.7%が「まあ賛成」と答えているのです。
合わせて73.4%が核武装論者です。半面「絶対に反対」は6.6%、「特に同意しない」という消極的反対論者は19.8%と少数派です。

韓国の全人口の15%が見たという、丙子胡乱の時代を描いた映画「神弓―KAMIYUMI―」(邦題、2012年公開)。
朝鮮という国が清に蹂躙される中、主人公だけが圧倒的な数の敵を倒して生き延びたのは、普通の弓ではない、魔弓があってのことでした。
ちなみに、韓国版のタイトルは「最終兵器 弓」。韓国の識者に
「あれは核ミサイルを持とう、というコンセンサス作りの映画でしたね」と聞くと、にやりと笑う人が多いのです。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20131121/256164/?P=5

47: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 00:20:20.92 ID:SoXVWjpq
>>3
>鈴置:中立化したうえ、核武装に走るかもしれません。

過去に実際に核武装しようとして止められてなかったっけ?

55: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 00:25:54.57 ID:AO5azDTq
>>47
核武装と言うか、核武装する前のイランとかで問題になってるウラン濃縮をやろうとして米国が待ったを掛けた
と記憶してるけど。

29: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 00:10:48.03 ID:Dh6icnCE
>>1
中国のあの経済状態と内政の混乱を見てなんで「昇る太陽」とか思ってるのか不思議
爆発して飛び散る太陽ですがww

118: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 06:20:19.43 ID:H2JAXiYJ
>>1
航空宇宙・軍事・農業・医薬で圧倒的世界NO.1、シェールガスで100年分のエネルギーが国内にあるアメリカ
改造DNA農産物で中南米を支配してるアメリカのどこが沈み行く国なの?

151: 稗田朝臣無礼 2013/12/04(水) 09:06:58.18 ID:MXoEp9Qz
>>1
根にあるのは日和見主義、事大主義なのだが、
この民族特有の大きな欠陥として、
現状の分析ができずに、そう思いたいように考える性質が挙げられる。
ヒデヨシの出兵の件でも、
一部は必ず出兵してくるから、防備を固めようという論と、
いや、たんなるはったりだからそのまま無視すればよいという論があった。
結局、そう思いたいように考えた後者の論を採用して、
まったく抵抗らしい抵抗もできなかった。
丙子胡乱についてもまともな現状分析ができなかった。
現状を分析した結果、どちらにつくかはまた別問題で、
形勢不利な明に最後まで信義を尽くしたのならば、
清も一目置いただろう。
ただの日和見のヘタレでは、
現在の米中でも、トンスリアなんて国は
地政学上の意味(冷戦後かなり重要度が薄れた)が若干ある
くらいの程度にしか見ていない。

9: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/03(火) 23:52:02.25 ID:5yclEAVp
日米同盟が危機的状態というデマを流せば
翌日には宣戦布告してくるかもしれない
ついでに韓国も攻めてきてくれる可能性あるな
ワクワク

13: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/03(火) 23:56:11.19 ID:gAkLeelw
昇る中国なら中国につくしかないよね♪

もう日米のことは忘れて、アカの手先として頑張りなさい

17: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 00:01:41.29 ID:/xq3OyR1
中国について死ねばいい

21: パサラソケサラソ 2013/12/04(水) 00:06:25.40 ID:hW/T0MfA
× バランス外交
○ コウモリ外交
○ 迷走外交
○ 右往左往

22: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 00:06:46.10 ID:Mxu+fZoV
今、韓国は中国に傾きかけてるから 中国は没落するなww

朝鮮が明に付いて、明が滅亡
朝鮮が清の属国で、清が滅亡
朝鮮が日本に合併されて 日本が戦争で負ける
韓国が中国にすり寄って 中国が没落するのデス


 
  

26: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 00:10:08.19 ID:YAyl+Fl4
チョンがついたほうが負けるわ。

27: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 00:10:35.81 ID:dpIhwYLY
好景気がいつまでも続いた国なんかない。

日本のことを考えろよ。

中国はあとは下り坂。

31: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 00:11:28.19 ID:LP5bIVp3
沈む中国と心中する朝鮮

37: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 00:16:35.77 ID:n7tsxsgv
核保有とか 無理だろ 中国もアメリカも望まないし
まして北で朝鮮民族の基地外ぶりははっきりしているから 南が保有など有り得ない
二股外交している内に孤立 北と同じで世界からお荷物として相手にされなくなるだけさ

42: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 00:18:09.59 ID:k3nzU/zL
二股をかけたつもりになっているキチガイ女はかなり痛い

美人でもないし

46: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 00:20:08.25 ID:FRf4sTs6
二股外交は朝鮮人の得意技
北朝鮮で言えばソ連にべったりだったが子分にされそうになるや中国と癒着して

56: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 00:26:31.50 ID:A5yHcetQ
中国は昇るというより、今まさに墜落せんとするところではなかろうか。
共産主義国なのに土地バブルとか、マルクスが聞いたら笑い死にしそうな事態になってるというのに…

59: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 00:30:26.29 ID:yBbFWFth
>>56
おい、そんなこと言ったらチョンがシナについてくれないだろ

69: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 00:43:14.52 ID:SSH3/2FB
「歴史的転換期に最悪の選択をする」というジンクスが民族のDNAとして染みついているかに見えます。

81: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 01:14:36.66 ID:MfZpinhD
教訓は、朝鮮人はいつの時代も国際情勢を見誤るってことだな

86: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 01:24:50.10 ID:0OdoU50O
米は沈まんし、シナは昇らん
チョンは元から右往左往だ。

認識が甘いぞwww

106: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 04:24:21.41 ID:c4aU8kGH
米中どっちが強いというよりも、韓国人に自分の国の将来を自分達で作って行こうという気が無いってことだわな。
一国として立つよりも常に事大を選択する、とw
今は事大先がハッキリしないから困ってるんだねぇ。そういうのを奴隷根性って言うんだが気づかんのだろうなぁ。

112: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 06:01:42.90 ID:cqq0OdDe
国民性ってのはそうそう変えられるものじゃないよね
主体性のなさはもはや朝鮮人の業だわ
近親相姦の繰り返しで遺伝子がぶっ壊れてるって話も、ただのトンデモ説じゃないのかもしれないと思うようになった

120: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 06:29:24.29 ID:vlpEYwhM
商売は損得勘定だけでやっていけるが、国交はそうは行かない
中韓は未だにそれが分かってない未開人

133: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 07:02:27.60 ID:sABr/EA8
実際、米中からしてみると、韓国のことはあまり気にしてないだろうな。どっちでもいいや、って感じ。

134: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 07:04:51.39 ID:sgbnRwrA
>>133
その結果朝鮮戦争が起きて
分断国家になったんだよね

173: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/12/04(水) 12:18:38.99 ID:D5ouLwo+
あっちにフラフラ・・・・・
こっちにフラフラ・・・・・・
ほんとみっともないね南朝鮮w

関連記事









ほむ☆プラス
俺妹プラス
アズプラス


この記事をリンクする?:


簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck


えーと
中国は昇ってるんじゃなくて、赤色巨星の末期になっただけですよ。
中共幹部の血族が海外に流出してるのも赤色巨星の末期に外層が流出していくのと同じ。自らを支えきれなくなり、あとは白色矮星になるだけ。その後は犯罪の温床としてブラックホールみたいに周囲を破綻させていくだけでしょう。
[ 2013/12/04 15:39 ] [ 編集 ]


中共は『昇る太陽』じゃなくて『上がる血圧』の間違いじゃねーか?
国民はなぜ日本を潰さないと騒ぐし、内陸部は反政府組織が聖戦を挑んで来るし、国際法に抵触するような空域を設けたと発表したら米軍がやってきたり……面子潰されて血圧上がりっぱなしじゃねーかwwwwww
[ 2013/12/04 17:18 ] [ 編集 ]


赤色巨星上手い! 
[ 2013/12/04 18:02 ] [ 編集 ]


この連載はかなり有用
ゲストも専門の研究者ばかり
こういうのをちゃんと載せるだけ、
日経BP(日経新聞とは別会社)はまだまともだ
[ 2013/12/04 19:29 ] [ 編集 ]


中韓ともにアメリカ甘く見すぎ。リーマンと
イラク戦争で傾いたとは言えそういうのをはねかえして
次の発展につなげて行った国じゃん。
[ 2013/12/04 22:31 ] [ 編集 ]


支那もソ連のようにある日突然滅びるであろう。支那は負の莫大な遺産を抱え100年程は復興できないであろう。
[ 2013/12/04 22:43 ] [ 編集 ]


清に逆らい、明に付いた
そうしたら明が滅びた。
[ 2013/12/05 21:48 ] [ 編集 ]


確かに米国は登っているとは言えないが、中国も登ってるなんて絶対にいえないだろ
バブルはじけてるし、上層部は財産や家族脱出してるし、大気汚染や不満だらけで、韓国と同様に反日でそらせるしか能が無い末期症状
[ 2013/12/07 17:01 ] [ 編集 ]


奴隷根性がいまだ抜けません。
[ 2013/12/07 22:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
2ちゃんねるの数ある板から 特亜ニュース

東亜の光

Author:東亜の光

苦情、リンク依頼などの問い合わせは↓
問い合わせ
広告依頼
translate this blog into

free counters
FC2カウンター
フリーエリア