2017年10月 東亜news+

東亜news+

2ちゃんねる東アジアニュース
(´・ω・`)相互RSS

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

元祖オワタあんてな全記事一覧他の問い合わせ | 性機能改善!ED治療薬はこちらから

【韓国】韓国の山登りでとんだ誤解を招くNGファッションとは?=韓国ネット「わが社会の恥ずべき一面」[10/22]  

1:ねこ名無し ★:2017/10/22(日) 07:01:02.74 ID:CAP_USER.net
韓国人の趣味・レジャーの人気ランキングで長年不動の1位を守っていた「登山」が「釣り」に取って代わられたと最近報じられ、韓国のネット上で話題となっている。

韓国の大学の研究所などが「2017年4~6月の国内旅行中に趣味やスポーツをする計画がある」とした韓国人501人にその具体的内容を聞いたところ(複数回答)、「釣りをする」と答えた人が40%で「登山」(34%)を上回ったという。さらに続く7~9月の同じ調査でも「釣り」の40%に対し「登山」は31%と、その差は広がった。

登山人気の落ち込みの理由として、17年の梅雨が長引いたことや例年に比べ夏の猛暑が厳しかったことを挙げているが、ネットの反応をみると、別の大きな理由がどうもある模様。記事に寄せられたコメントの共感票上位に、「登山=不倫。この影響が大きいよ」「登山同好会には不倫が一番多いね」といったものが並んでいるのだ。

こうしたコメントの背景について、18日付のマネートゥデイが解説してくれている。韓国山林庁の調査で、「月1回以上登山をする」とした韓国人は約1300万人(2015年)。韓国の全人口の約4人に1人に当たる数に上っているが、このうち健康管理目的ではなく不純な意図で山を訪れる人が増えているという。

記事によると、韓国の登山好きが集まるネット掲示板などでは「既婚男女と出会う山岳会」と堂々と掲げた団体が運営されており、会員同士で「不倫のコツ」を教え合うような投稿も目に付く。

こうした同好会に所属するある既婚男性は、「『山に行く』と言えば携帯電話が通じなくても妻から疑われないし、『登山で汗をかいたのでサウナに入った』とうそも通りやすい」と話す。また「夫婦」のための山岳会に、不倫カップルが夫婦を装って入会している例も少なくないという。

不純な目的を持った登山客の間では、そうした女性たちを「野ウサギ」、男性を「野ウサギ狩人」と呼ぶなど隠語が共有されている。相手を探す男性がズボンの片方の裾だけをまくり上げていたら、「まだ相手と出会えていない」という意味だという。女性なら登山にふさわしくない濃いメークや派手な服装をする場合が多いそうだ。

この解説記事に韓国ネットの反響は大きく3000を超える数のコメントが寄せられおり、「こういう人たちのせいで、純粋に登山を楽しむ人にまで迷惑が及ぶ」ともっともな意見が多くの共感を得たほか、「山登りをもはやスポーツとみることはできないね」「わが社会の恥ずべき一面をあぶり出してくれた」といった声が並ぶ。

また、「山岳会だけじゃない。卓球にバドミントン、ゴルフとかの同好会も問題は多いと思う」「ほとんどのスポーツ同好会が似たようなものだ」といった指摘も目立った。(編集/吉金)

http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171021/Recordchina_20171021047.html





簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

【中国メディア】平昌五輪は中国頼み?韓国のやり方に「金だけあるバカだと思っているのか」  

1:らむちゃん ★:2017/10/21(土) 18:06:23.11 ID:CAP_USER.net
レコードチャイナ 2017年10月21日 17時50分 (2017年10月21日 17時53分 更新)
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171021/Recordchina_20171021035.html

2017年10月20日、参考消息網は記事「韓国冬季五輪は中国人観客頼み、高過ぎるチケットは中国人をカモ扱いか」を掲載した。

韓国・平昌冬季五輪開幕であと5カ月に迫った。しかし北朝鮮問題を受け、フランスは不参加を示唆。アイスホッケーでは米NFLはプロ選手を派遣しない方針を示している。安全問題の懸念があるためか、チケット販売も不調だ。

107万枚のチケットのうち、9月末時点での販売数は30万枚あまり。韓国の地方政府は不人気種目のチケットを購入するなど対策に追われているが、焼け石に水の状況だ。

チケット販売で頼みの綱となるのが中国人観客だが、あまりにも高価なチケットがネックだ。アイスホッケー決勝のチケットは中国での販売価格は最高で8000元(約13万8000円)に達している。なんとサッカー・ロシアW杯の決勝チケットを上回る価格だ。

ホテル価格も五輪期間は通常の倍以上と高騰するもようだ。記事は「韓国は売れなかったチケットを中国でと考えているようだが、中国人もそうたやすくだまされるわけではない」としている。





簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

「台湾の標準時を中国大陸と同じGMT+8から日本と同じGMT+9に」 台湾の市民が発議し賛同集める  

1:名無しさん@涙目です。:NG NG BE:135853815-PLT(12000).net
「台湾の標準時変更を」 市民が発議 中国大陸の従属からの脱却ねらう

(台北 20日 中央社)国家発展委員会の意見公募サイトにこのほど、台湾の標準時を現行のグリニッジ標準時から8時間進めた時刻(GMT+8)から、
日本や韓国と同様に9時間進めた時刻(GMT+9)に変更する提案が寄せられた。
同提案に対する意見の総数は19日、立案に必要となる5000件を突破。2カ月以内に所管機関から回答が出される。

提案は今月16日、公共政策について一般市民から意見を募るサイト「公共政策網路参与平台」で発議された。
発議者は、台湾ではかつてGMT+9が採用されていたと指摘。
中国大陸はGMT+8であることから、標準時の変更によって中国大陸への従属から象徴的に脱却可能であり、
台湾を訪れる中国大陸客や外国人の潜在意識に台湾と中国大陸は従属関係ではないと訴えかけられると主張した。
標準時を1時間進めるメリットについては、冬は現在ほど暗くない時間に退勤でき、夏は十分に日光を活用できると説明している。

市民から寄せられた意見では、賛同するコメントが多数を占めている。

http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201710200001.aspx





簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

【韓国】韓国社会に衝撃!国家情報院の世論操作が発覚 「反日」主導の名物教授にカネ提供も[10/19]  

1:ねこ名無し ★:2017/10/19(木) 07:02:06.36 ID:CAP_USER.net
ネットニュースにぶら下がるコメント欄が、実は権力機関の意のままに改竄(かいざん)されていたら-。韓国で保守政権の李明博(イ・ミョンバク)元大統領時代(在任2008~13年)に行われた国家情報機関による世論操作の全貌が、文在寅(ムン・ジェイン)現政権下の調査で判明しつつある。

ネット記事への反応・コメントを意味する「デックル」を組織的に書き込み、世論を誘導する「デックル部隊」に民間人3500人を動員。竹島問題で「独島(韓国の竹島呼称)の守り人」と称され反日運動を主導してきた名物教授への金銭供与などなりふり構わない情報工作が明らかになり、「インターネット先進国」を誇ってきた韓国社会に衝撃を与えている。(外信部 時吉達也)

■熾烈な選挙戦の裏で

「大統領は誰でもできる仕事じゃない。文在寅にやらせるくらいなら、犬や牛に任せておけ」「文在寅の主人は盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領じゃない。金正日(キム・ジョンイル)だ」。

朴槿恵(パク・クネ)前大統領が文氏ら左派勢力に競り勝ち当選した12年大統領選。朴氏の支持を訴えたこうしたコメントは、「デックル部隊」の手によるものだった。

情報機関である国家情報院(国情院)の内部調査によると、世論操作に協力し、報酬を得ていた者には主婦や学生のほか、テレビ局職員や大企業幹部なども含まれていた。約30のチームで各種サイトを分担したデックル部隊には月額計2億5000万ウォン(約2500万円)もの予算が割り当てられ、参加者には成果報酬として5万~100万ウォンが支払われたという。

熾烈(しれつ)な選挙戦が繰り広げられた12年には、総額30億ウォンが世論操作費用に消えていった。

部隊を指揮したのは、国情院の「心理戦団」の職員だった。本来は北朝鮮による情報工作に対処する部署だが、保守政権の下、逆に積極的に工作活動を仕掛けていった。

■「反日」で有名

民間に支払われた報酬の領収書の束に、ひときわ目を引く名前があった。徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授。竹島問題や日本海呼称問題など、各種の反日運動を主導してきた人物だ。

最近では戦時中の朝鮮人徴用工問題をめぐり、映画の舞台にもなった軍艦島(端島・長崎市)を「地獄島」と表現する反日広告の発表にも参画。米ニューヨークのタイムズスクエアの電光掲示板に表示した広告映像で、軍艦島とは無関係の写真を使用し、謝罪に追い込まれる問題を起こしたばかりだった。

国情院の職員は内部調査に対し「数回にわたり、徐教授に報酬を200万ウォンずつ渡した」と証言した。

徐教授は報道が流れた直後、自身のSNSで「事実無根だ。国情院の職員と連絡はとっていたが、金をもらった事実はない」と全面的に否定。その後、韓国メディアに対し「支援を受け、領収書に署名したことはある」と説明を変遷させ、国情院から受け取っていたのは、デックル部隊とは別の案件での報酬だったと釈明している。

韓国人の「反日」アイデンティティーを絶えず刺激し続けてきた徐氏。真相解明は検察が進めている捜査に委ねられるが、国家に利用された揚げ句、結果として国民から総スカンを食らう事態になったとすれば、どこか哀れみを感じさせる。

■政権批判でリスト入り

李明博政権に少しでも批判的な発言を残すことは、「ブラックリスト」入りを意味した。映画監督、俳優、歌手…。国情院が作成した、82人の氏名が記載されたリストも今回の内部調査で明らかになった。映画や歌番組に起用しようとすれば、関係企業への税務調査をちらつかせたり、視聴者を装って番組スポンサーに大量の抗議メールを送ったりしたという。

成人向けグラビアとアイドルの顔を組み合わせる合成写真、通称「アイコラ」。国家情報機関は、そんな幼稚な手法による誹謗(ひぼう)中傷にも取り組んだ。「共和国人民俳優 ○○と××主演 “肉体関係”」。絡み合う裸の男女に、左派の立場から政治的発言を行ったため「リスト」入りした俳優と女優の顔写真を組み合わせ、ネット上に拡散させた。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171018/soc1710180035-n1.html

(>>2以降に続く)





簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
プロフィール
2ちゃんねるの数ある板から 特亜ニュース

東亜の光

Author:東亜の光

苦情、リンク依頼などの問い合わせは↓
問い合わせ
広告依頼
translate this blog into

free counters
FC2カウンター
フリーエリア