2013年10月 東亜news+

東亜news+

2ちゃんねる東アジアニュース
(´・ω・`)相互RSS

元祖オワタあんてな全記事一覧他の問い合わせ | 性機能改善!ED治療薬はこちらから

【慰安婦問題】韓国政府、フランス国際漫画フェスに反日漫画50作出品の暴挙 日本側“倍返し”で論破の構え 

1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/10/31(木) 21:34:24.27 ID:???
韓国政府の暴挙が発覚した。フランスで来年1月に開催される国際漫画フェスティバルに、
慰安婦問題を題材にした漫画50本を出品して、日本や日本人の名誉を貶めようとしているのだ。
わが国の誇るべき文化・漫画を悪用した「反日」政策といえる。
これに憤慨した日本の若き会社社長が、韓国の卑劣な嘘を暴く、
真実の慰安婦問題を伝える漫画100本を制作し、「倍返し」の徹底抗戦をするという。

「子供たちが楽しみに読む漫画で、事実とまったく違う内容を描き、日本と日本人を傷つけるなんて…。
一報を読んで『絶対に許せない』と思いました。これは、お金の問題じゃない。徹底的にやります」

こう語るのは、都内でコンサルタント業や漫画広告事業を営む藤井実彦氏(41)。
今回の「論破プロジェクト」の発案者であり、実行委員長である。

藤井氏が奮起するきっかけとなったのは、今年8月14日付のブログニュース「サーチナ」の以下の記事だ。

《韓国の政府機関・女性家族部(省)は13日、国際社会に日本軍慰安婦被害者の実情を知らせるための漫画を制作し、来年1月にフランスのアングレーム市で開かれる世界最大級の国際漫画フェスティバルに出品・展示する計画であることを明らかにした》

同ニュースなどによると、韓国側は100ページ程度の慰安婦漫画と短編を計50作品も制作。同フェスティバルに出品するとともに、英語やフランス語などに翻訳し、世界各国の学校などに配布し、国際社会にアピールするという。
現在、韓国系団体が全米各地で慰安婦の碑や像を設置する悪らつな宣伝工作を進めているが、ついに韓国政府が前面に出てきたようだ。

記事には、10月上旬、国連ですさまじい反日演説をした、韓国の趙允旋(チョ・ユンソン)女性家族相の「今後も継続的に国際社会の積極的な理解を求める」とのコメントも掲載されていた。

言うまでもなく、第2次世界大戦当時、公娼制度は合法だった。慰安婦は世界各国にいたプロの戦時売春婦であり、当時の日本兵の数十倍もの高給を得ていた。反日メディアの虚報などで間違った情報が広まっているが、日本軍や官憲による強制連行を示す政府資料は一切見つかっていない。

慰安婦募集の強制性を認めた、1993年の「河野洋平官房長官談話」については、
根拠である元慰安婦への聞き取り調査がずさんだったことを、産経新聞が10月16日にスクープした。
これを受け、日本維新の会が、同談話を検証するプロジェクトチーム(PT)を近く発足させるなど、日本国内に見直しの機運が高まりつつある。

藤井氏は「嘘で塗り固められた韓国の慰安婦漫画を放置できない。
日本側としても『慰安婦問題の真実とは何か』
を冷静に解説する漫画を制作して、同フェスティバルに出品しなければ。
『韓国に倍返し!』で、100本の作品をそろえて対抗する」と決意し、
「論破プロジェクト」を立ち上げて動き出した。

こうした趣旨や行動に、上智大学の渡部昇一名誉教授や、拓殖大学の藤岡信勝客員教授、外交評論家の加瀬英明氏、作曲家のすぎやまこういち氏、「金田一少年の事件簿」で知られる漫画家のさとうふみや氏、
月刊「WiLL」の花田紀凱編集長らが賛成し、プロジェクトの賛同人として名前を連ねた。

(続く)

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20131031/dms1310311811023-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20131031/dms1310311811023-n2.htm






t

【レコードチャイナ】日本の対中国強硬姿勢、各国ネットユーザーが舌戦=「中国はアジアの侵略者」―米メディア 

1: 壊龍φ ★ 2013/10/30(水) 20:58:05.56 ID:???
2013年10月28日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカはロイターの記事を引用し、日本が中国に
反撃する準備を整えていると伝えた。さらに、各国のネットユーザーの反応を紹介した。中国の
掲示板サイト・西陸網が伝えた。

ロイターによると、安倍首相の中国に対する強硬姿勢に、中国の元外交官は「日本側の
いかなる中国けん制も、日本の思惑が隠されており、非常に危険だ」と指摘。さらに、中国
国防部も日本に対し、「中国は挑発に徹底的に対応する。日本は中国の決意を甘く見る
べきではない」と警告している。中国に対する日本の強硬姿勢について、ネットでは各国の
ユーザーから意見が寄せられた。以下はボイス・オブ・アメリカが掲載したネットユーザーのコメント。

中国ユーザー:
「ドイツがどのように戦争とナチスを処理したのか日本は参考にするべきだ。日本の政治家の
戦争に対する認識からも分かるように、日本の謝罪は本心ではない。偽善者は誰からも信用
されない」
「第2次世界大戦時、日本は世界、特に中国や韓国などの隣国に何をしたのか、改めていう
必要もないだろう。それなのに今の日本はどうだ?防衛の必要を訴え、第2次世界大戦の
歴史を捻じ曲げようとしている」

日本ユーザー:
「中国の傲慢は自身の破滅を招く」
「日本には良くない歴史がある。われわれは祖父の世代が行った行為を誇りには思っていない。
事態の収束のため、日本はあらゆる外交手段を講じてきた。われわれの限度を試すようなマネ
はやめていただきたい。中国だろうと世界のあらゆる国だろうと日本は対抗する能力を持っている」

台湾ユーザー:
「私は日本を支持する。2013年の今、アジアの脅威は日本ではなく中国だ。中国が日本に
統治されていたなら、中国の国民は今よりもっといい生活を送れたに違いない」

ナイジェリアユーザー:
「米国が阻止していなければ、中国はとっくに台湾を攻撃していただろう」

ベトナムユーザー:
「ベトナムが最も嫌っている国は中国で、最も好きな国は日本。いかなる状況でもわれわれは
日本を支持する」
「日本が強硬策を取り自分を守ることに賛成だ。中国は現在のアジアの侵略者だ。中国の
漢民族は数世紀にわたりベトナムを含む周辺国に危害を加えている。その恐ろしさは第2次
世界大戦時の日本の1000倍以上だ」(翻訳・編集/内山)


レコードチャイナ: 2013年10月30日 1時20分
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=78461






t

【断末魔の中韓経済】通貨危機に怯える韓国 「スワップ戦略」を加速させる病巣(三橋貴明) 

1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/10/30(水) 12:59:41.36 ID:???
韓国が「通貨スワップ戦略」を加速している。言葉を選ばずに書かせてもらうと「笑って」しまった(失礼)。

韓国は10月、アラブ首長国連邦(UAE)とマレーシア、そしてインドネシアと通貨スワップ協定を締結し、さらにオーストラリアともスワップ協定締結を目指すという。
これら4カ国に共通する特徴は「資源国」であることだ。
要するに、韓国は次なる通貨危機時に、最低限の資源を一定の為替レートで輸入するための「保険」として、資源国と通貨スワップ協定を締結していっているわけだ。

 そもそも、通貨スワップ協定は自国通貨から外貨への両替が激増し、為替レートが暴落する事態にでもならなければ何の役にも立たない。
自国通貨の価値が暴落し、何が困るかといえば、「輸入」ができなくなることである。
特に、韓国の場合は自国のGDP(国内総生産)に占める輸出入の割合が大きいため、為替レート暴落は国民経済的に致命傷になる。

 「ウォンが暴落すれば、輸出が容易になるのでは」と思われたかもしれない。それは確かにその通りなのだが、韓国経済の特徴は輸出と輸入が「ともに多い」ことである。
何しろ、2012年の韓国は輸出依存度48・5%に対し、輸入依存度も46%に達しているのだ。
すなわち、韓国は外国から資源や資本財を輸入し、加工して製品を輸出する経済モデルになっているのだ。
無論、韓国以外も同じモデルを持つが、特に韓国は「輸入し、輸出する」経済活動が、国民経済の規模(GDP)に占める割合が相対的に大きいという話だ。

すなわち、韓国は輸出するために「まず輸入」しなければならないのである。
通貨危機で為替レートが暴落すると、外国からの資源などの輸入が困難になる。
すると、韓国の主力産業である輸出産業までもが身動き取れなくなってしまうわけだ。「為替レート暴落で、輸出競争力回復!」といった、単純な話にはならない。

現在の韓国ウォンの為替レートは上昇傾向だが、これは07年までのウォン高局面と酷似している。外国からの投資(および投機)が殺到し、外貨からウォンへの両替が増え、為替レートが上昇する。
何らかのショックがあった時点から、外資が資金を引き揚げるキャピタル・フライトが発生し、ウォンが暴落する。これが、韓国の通貨危機の毎度のパターンだ。

 日米両国との距離が開くなか、資源国との通貨スワップを進めている以上、少なくとも韓国の当局者は自国の問題を理解していることになる。
次なる通貨危機を恐れているからこその、「通貨スワップ戦略」という話なのだ。

 ■三橋貴明(みつはし・たかあき) 1969年、熊本県生まれ。経済評論家、中小企業診断士。大学卒業後、外資系IT業界数社に勤務。現在は株式会社「三橋貴明」事務所社長。
著書に「目覚めよ! 日本経済と国防の教科書」(中経出版)、「日本大復活の真相」(あさ出版)、「いよいよ、韓国経済が崩壊するこれだけの理由」(ワック)など多数。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131030/frn1310301130002-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131030/frn1310301130002-n2.htm






t

【芸能】 「竹島と同じで何勝手に不法占拠してんだ、日本に返せ」~作家・岩井志麻子、韓国人・年下夫の不倫相手に一喝! 

1: 蚯蚓φ ★ 2013/10/28(月) 20:42:32.14 ID:???
N0057538_l.jpg  
▲きわどい例えで夫の不倫を語った岩井志麻子

 [シネマトゥデイ映画ニュース] グラビアアイドル・女優の森下悠里が26日、都内で行われた主演
映画『情事』の初日舞台あいさつに登壇。久々の濡れ場に「AV女優さんになったのかなと勘違い
してしまうくらい」とその濃厚さを過激に語った。また、ラブホテルの従業員役で出演している作家の
岩井志麻子が年下夫の不倫を告白する場面もあった。

 森下は「最近はバラエティーのお仕事が多くなっていますし、出演する映画もコメディーがほとん
どだったので、これまでは笑っていることが多かったのですが、この作品で初めて最初から最後ま
で笑顔じゃないわたしが映し出されています」と本作の見どころを紹介。

 さらに「『映画版 ふたりエッチ』シリーズ以来のベッドシーンでしたが、あれだけずっとラブホテル
で撮影をしたのは初めて。わたしグラビアアイドルなのに、AV女優さんになったのかなと勘違いし
てしまうくらい」とドッキリコメントを付け加えた。

 不倫をモチーフにした作品ということで、この日は「不倫に対してどう思う?」というストレートな質
問も飛び出したが、森下は「楽しそうですよね。全然いいと思います。わたしも過去にデートした方
が既婚者であることを隠しているパターンが多くて、後で知ったこともありましたからね」とあっけらか
んとコメント。

 一方の岩井は、「わたしは18歳年下の韓国人と結婚しているんですが、こいつが悪さをして、独
身と偽って韓国で若い女と不倫をしたの。その女から『ホントに彼を愛しているのはわたし』と電話
がかかってきたもんだから、竹島と同じで何を勝手に不法占拠しているんだ、日本に返せと言った
わけですよ。ただ最近、捨てられたらしいんで、竹島は返ってきました」ときわどいジョークで会場の
笑いを誘っていた。

 本作は、とあるラブホテルで不倫を重ねてきた男女がなぜか同じ行為を繰り返してしまうという異
常な状況に気付き、迷宮化したラブホテルから抜け出そうとするさまを描いたエロチックミステリー。
(取材・文:壬生智裕)

ソース:シネマトゥデイ<作家・岩井志麻子、韓国人・年下夫の不倫の一部始終を激白!>
http://www.cinematoday.jp/page/N0057538






t
プロフィール
2ちゃんねるの数ある板から 特亜ニュース

東亜の光

Author:東亜の光

苦情、リンク依頼などの問い合わせは↓
問い合わせ
広告依頼
translate this blog into

free counters
FC2カウンター
フリーエリア