タイワーン 東亜news+

東亜news+

2ちゃんねる東アジアニュース
(´・ω・`)相互RSS

元祖オワタあんてな全記事一覧他の問い合わせ | 性機能改善!ED治療薬はこちらから

AIIBが大コケwwwwww 日本主導の「ADB」が救いの手を差し伸べる異常事態にwwwwww 

1:名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ [US]:2017/05/18(木) 14:48:27.20 ID:j1IS5lXv0.net BE:323057825-PLT(12000)
鳴り物入りでスタートしたAIIB(アジアインフラ投資銀行)が早くもコケ、日米中心のADB(アジア開発銀行)の存在感が増している。
AIIBは加盟国数こそADBを上回ったものの、実際に払い込まれた出資金は定款上の資本金の7%にも満たない。
単独融資はほとんどなく、多くはADB融資に相乗りしただけだ。産経新聞特別記者の田村秀男氏がレポートする。

 * * *
 苦境に立つAIIBに救いの手を差し伸べる国際機関がある。他ならぬADBである。
実は、財務官上がりの中尾武彦ADB総裁は財務官僚時代から親中派として省内で知られる。

 2014年前半に習近平政権がAIIB創立に向け日米などに工作を始めたとき、中尾総裁は拒否反応を示す米国とは対照的に理解を示した。
理由はアジアのインフラ資金需要が旺盛で、ADB単独では間に合わないというものだ。中国はインドと並ぶADBからの大借り入れ国である。
資金需要に応えるというなら、まず中国にADBへ全面返済させるのがスジのはずだが、中尾氏は「問題ない」と断じた。

 中尾氏はアジアの資金需要について、2009年の試算で8兆ドルに上ると言った。
2017年3月には総額26兆ドル、毎年1.7兆ドルに上ると大きくかさ上げしたが、実需とはかけ離れた誇大妄想値に近い。アジア各国がインフラ整備したくても、実行は返済条件次第だ。

AIIBが早くも苦境 救いの手を差し伸べる日本主導の「ADB」
http://news.livedoor.com/article/detail/13077183/





t

【中国報道】上海ディズニーと東京ディズニーの最大の違い、それは・・・[05/17] 

1:ガラケー記者 ★@\(^o^)/:2017/05/17(水) 14:33:46.69
2016年6月にオープンした上海ディズニーランド。その評価は一定ではなく、「盛り上がりに欠ける」と指摘する声もあれば、「東京ディズニーランドを上回る魅力がある」という声もある。

 日本を訪れる中国人旅行客にとって、東京ディズニーランドは人気の訪問先の1つだが、東京ディズニーランドと上海ディズニーランドの両方を体験し、比べた場合はどちらがより優れているのだろうか。

 中国メディアの今日頭条は12日付で、上海ディズニーランドは開園当初、入場者たちの民度や非文明的な行為が大きな問題となったと伝える一方、こうした行為はすでにずいぶん改善されたと指摘。今なお東京ディズニーランドと大きな差があるのは「キャスト(スタッフ)の態度である」と指摘する記事を掲載した。

 記事は、東京ディズニーランドのキャストたちは常に「満面の笑顔」であり、「活気にあふれている」ことを指摘、また清掃担当のキャストでさえ笑顔であいさつし、また入場者たちの楽しい思い出作りに最大限の努力を払うと説明。

 また東京ディズニーランドの正社員は約2000人であり、1万人以上のキャストはすべて倍率の高い選考を経て選ばれたアルバイトであり、同時にディズニーランドを「熱愛する」人であると指摘、それゆえに彼らの幸福感や情熱が心からの笑顔となってあらわれていると論じた。

 一方、上海ディズニーランドのスタッフたちについて「それなりに一生懸命、我慢強く入場者たちに対応している」とする一方、能動的に動くスタッフは少なく、表情にも笑顔がないと指摘。上海ディズニーランドはハード面では東京ディズニーランドと遜色ないとしながらも、キャストの態度やサービスは圧倒的な差があると論じた。

 記事が指摘している東京ディズニーランドと上海ディズニーランドにおける「最大の差」は中国ネット上でもしばしば指摘されることだ。実際に上海ディズニーランドを訪れた中国人入場者たちは、スタッフについて「笑顔がなく、辛抱強さに欠ける」と感じているようだ。
searchina
2017-05-17 11:12
http://news.searchina.net/id/1635848?page=1





t

【中国】なぜ西側メディアは中国をけなし、日本をけなさないのか?[05/01] 

1:たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/05/01(月) 10:35:00.48 ID:CAP_USER.net
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=176686&ph=0

2017年4月27日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に「もし中国の人口が2億人だったら、先進国になれただろうか」と題する文章が掲載され、ネットユーザーの注目を集めている。

微博アカウントの「頭条博客」が掲載したこの文章は、「2億人、つまり現在の中国にいる人口の7分の1だ。この人口では、中国は文明競争で優位に立てないほか、白人対黄色人種の競争においても数的な面で完全に弱い立場に立たされる。どうして西洋メディアは中国の悪口を言って日本の悪口を言わないのか。それは、中国は本当に世界を変えられる、彼らの種族的優位をひっくり返し得ると彼らが認識しているからだ。かたや日本は飼い慣らされた種族に過ぎず、西洋諸国同様に発展しようと思っても、それは永遠に不可能なのである」と論じている。

中国は13億の人口がいるからこそ、世界最大最強の国になれる可能性を秘めており、人口の少ない日本にそれは無理だ、というのが文章の大まかなロジックだ。

この文章に対して、中国のネットユーザーからは「人口が多かろうが少なかろうが、閉鎖的な醤油缶文化の中国は先進国にはなれない」「事実を無視し、国や民を傷つける妄想だ」「まだ豊かになっていないのにおごり高ぶってどうする」「先進国になるかどうかは産業次第であって、人口の多い少ないが理由ではない」といった批判の声が相次いだ。

また、突っ込みの矛先は日本に対する記述にも向けられており、「日本が西洋のように発展してないだと?」「どれをとっても日本は先進国。日本が先進国でないなら、どこが先進国だというのか」「日本の新幹線に乗ろうとしたら、みんな並んでいて感動したわ。強い国にはそれなりの理由がある」といった感想が寄せられるなど、集中砲火に遭っている。





t

【おフランス】警官がはさみで抵抗した中国人男性を射殺、中国系住民ら警察署前に集まり抗議[3/28] 

1:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2017/03/28(火) 13:22:30.88 ID:CAP_USER.net
2017年3月28日、香港メディアの東網や北米中国語メディアの美国中文網によると、フランス・パリ19区の集合住宅で26日夜、中国籍男性(57)が隣人と騒音をめぐりトラブルとなり、通報を受けて駆け付けた警官に抵抗したため射殺された。

報道によると、男性は酒に酔っていたとみられ、自宅内に入った警官に向かい、はさみを持って抵抗するなどした。男性には5人の子どもがいて、娘2人が一部始終を目撃していた。

現地の中国系コミュニティーでは警官の対応に問題があったとして不満の声が上がっており、約30人が27日、警察署前に集まり抗議活動を行った。

人民日報海外版のニュースサイトの海外網によると、現地の中国大使館はホームページを通じて声明を出し「この問題を高度に重視しており、状況把握のため警察側に連絡し、真相究明を求めた」としている。

Record china 配信日時:2017年3月28日(翻訳・編集/柳川)
http://www.recordchina.co.jp/b173554-s0-c10.html





t
プロフィール
2ちゃんねるの数ある板から 特亜ニュース

東亜の光

Author:東亜の光

苦情、リンク依頼などの問い合わせは↓
問い合わせ
広告依頼
translate this blog into

free counters
FC2カウンター
フリーエリア