シナー 東亜news+

東亜news+

2ちゃんねる東アジアニュース
(´・ω・`)相互RSS

元祖オワタあんてな全記事一覧他の問い合わせ | 性機能改善!ED治療薬はこちらから

【韓国】文政権、ミサイル発射でも揺るがぬ“親北” 民間交流を検討、世論調査81・6%評価で異例の高さ[5/23] 

1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/05/23(火) 08:11:48.83
【ソウル=名村隆寛】北朝鮮による2週連続の弾道ミサイル発射を韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は「無責任な行動で、強く糾弾する」(外務省報道官の声明)と非難したが、一方で、北朝鮮との民間交流や人道支援を再開させる姿勢を見せている。

 韓国統一省の報道官は22日、「ミサイル発射実験などの挑発には強力に対応していく」と強調したものの、断絶状態にある南北関係について「朝鮮半島の安定などを考えた場合、望ましくない」と述べた。

 さらに、「民間交流など南北の問題は国際社会の対北制裁の枠組みの中で柔軟に検討していく」と語った。

 報道官の発言は、条件付きながらも、民間団体による人道支援のための対北接触を認める方針を示したものだ。

 文在寅政権の発足により、韓国では北朝鮮がミサイル発射で挑発を続けているにもかかわらず、南北関係の改善への期待が一部で高まっている。すでに民間の約10団体が対北接触を申請しているという。

 ただ、北朝鮮のミサイル発射は「制裁を含むさらなる重大な措置をとる」と警告した国連安全保障理事会の報道声明(15日)を完全に無視している。

 この期に及んで「対話の可能性は開かれているが、挑発には断固対応する」(韓国外務省)と対話も示唆する韓国の姿勢は、対北制裁強化に向けた国際社会の足並みを乱しかねない。

 韓国の世論調査機関リアルメーターが文在寅大統領の就任後初めて行った調査(15~19日)で、文氏の国政運営への肯定的評価は81・6%で、異例の高さだ。

 ただ、対北政策で対話にこだわる文在寅政権の姿勢は、対外的には、むしろ“親北”の印象を国際社会に植え付け、疑心を生じさせる可能性さえある。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170523/frn1705230730005-n1.htm





新型中距離弾道ミサイル「北極星2」の実戦配備に向けた「最終発射実験」の写真。22日、北朝鮮の労働新聞が掲載した(共同)



平壌市民の歓迎に手を振って応える新型ミサイル「火星12」の開発者たち=18日(朝鮮通信=共同)



平壌に到着した、新型ミサイル「火星12」の開発者たちの乗ったバスを沿道で歓迎する市民ら=18日(朝鮮通信=共同)





t

【朝日新聞】差別超え愛された番長 「パッチギ!」モデルの男性逝く[05/22] 

1:すらいむ ★@\(^o^)/ :2017/05/22(月) 15:36:48.94
差別超え愛された番長 「パッチギ!」モデルの男性逝く
多鹿ちなみ

 1968年の京都を舞台に日本人と在日朝鮮人の青春群像を描いた映画「パッチギ!」(井筒和幸監督、2005年公開)。
 強烈な印象を残した主人公の一人、「朝鮮高級学校の番長」のモチーフにもなった男性が先月、64歳で亡くなった。
 在日朝鮮人の朴安錫(パクアンソ)さん。
 大阪・ミナミでの破天荒な生き様が愛された「アンソ」は、仲間たちにとって「自由に生きた時代」の象徴だった。

 映画「パッチギ!」は、京都府立高校に通う日本人の少年と朝鮮高級学校(朝高)の少女との恋愛を軸に展開される。
 そこに少女の兄で朝高の番長リ・アンソンの壁が立ちはだかる。

 こんな場面がある。

 リ・アンソンが、サッカー・ワールドカップ(W杯)出場をめざすため、北朝鮮への帰国船に乗ることを周囲に宣言する――。

 大阪朝高サッカー部で活躍しながら、当時の大会規定で全国大会に出場できなかったアンソさんの実体験を、井筒監督は主人公に反映させていた。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

朝日新聞DIGITAL 2017年5月22日15時24分
http://www.asahi.com/articles/ASK5P7VRMK5PPTIL012.html





t

【ハンギョレ新聞】一帯一路 韓国にはなぜ招請状が来なかったのか?[05/21] 

1:ろこもこ ★@\(^o^)/:2017/05/21(日) 09:09:45.75
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170521-00027390-hankyoreh-kr

「招請は中国が決定することだ」

 14~15日、中国の北京で開かれた「一帯一路国際協力首脳フォーラム」にシンガポール代表団として参加したローレンス・ウォン国家開発部長官の言葉だ。シンガポールは最高級要人が参加しなかった。ウォン長官は「中国が呼ばなかったので来なかっただけ、疎外されたわけではない」と話したわけだ。

 新政府がスタートする前まで、韓国政府も「招請状が来なかった」という話をしていた。中国政府も冷たかった。1カ月前にも「韓国に新政府ができて参加すると言えば可能だろうか?」と尋ねても、中国外交部の報道官は「仮定の質問には答えられない」と言っていた。

 中国外交部の説明によれば、中国はこうした行事を行う時、出席が確定して初めて招請状を発送するという。まず「出席の有無をお返事下さい」として招請状を送った後に返事で出席の有無を把握する方式とは違う。招請したのに来ないという不祥事はないので、体面を重視する「東洋的文化背景」だとも説明する。

 このような脈絡で見れば、文在寅(ムン・ジェイン)大統領就任後、今回の一帯一路会議と関連して交わされた「対話」が興味深い。大統領選挙の翌日である10日、中国外交部報道官は、韓国招請の有無について、「一帯一路は開放的で包容的な協力提案」とし、門戸が開かれていることを示唆した。翌日の11日、文大統領は習近平中国国家主席との電話協議で、一帯一路プロジェクトを高く評価して「発展と繁栄を持たらすものと期待する」と話した。すると習主席が文大統領に代表団の派遣を要請したとのことが、13~16日に代表団長の資格で中国を訪問した共に民主党のパク・ビョンソク議員の話だ。

 例えるならば、大きな祝宴を主催する隣家に「良いことがあるんですね?」と関心を示したところ、来るという意味に理解したその家の主人が「ちょっとお越し戴けますか?」と招請したということだ。そう言えば、何をもって「東洋的」と言ったかが分かるような気がする。招請状を先に送っておいて、誰が来ると言ってくるかを待つこととは確かに違う。

 中国との外交チャンネルの回復が至急必要な韓国は「一帯一路フォーラム」自体には大きな関心がない。関連事業の相当数が欧州・中央・東南アジア周辺国の物流インフラ、そしてそこにつながる中国西部内陸のインフラを作ることに集中しているのも事実だ。

 しかし、北朝鮮と国境を接する中国東北部も明らかに一帯一路プロジェクトの対象地域の一つだ。特に今回の会議では、中国東北部とロシア極東地方開発のために、中国国家発展改革委員会が総額1千億中国元(約1.6兆円)規模の中露地域協力発展投資基金を段階的に造成し、一帯一路事業として推進するという発表もなされた。

 朴槿恵(パク・クネ)政権は、一帯一路プロジェクトの金融分野の最重要な軸であるアジアインフラ投資銀行(AIIB)に加入したが、ホン・ギテク副総裁が就任してまもなく突然辞退・潜伏してしまい多くの機会を失った。これに先立って2015年7月には企画財政部が一帯一路、およびアジアインフラ投資銀行に対応するための民官合同タスクフォースを作ると打ち上げたが、総選挙への出馬を控えたチェ・ギョンファン当時長官がその年末に辞退するなどの過程で結局うやむやになった。

 シンガポールの話に戻ろう。シンガポールは最近中国と大きな軋轢はない。ただし、首脳訪問にともなう付帯手続に関連して意見の相違があったと伝えられる。中国側がより豊かな結実のある首脳訪問を望んで出した要求が受け入れられなかったわけだ。

 韓国の新政府は、代表団と特使団の相次ぐ訪中によりひとまず対中関係設定の最初のボタンをうまくかけることができた。朴槿恵政権が残した荷物が小さくないにもかかわらずだ。いつかはアジアインフラ銀行で5番目に多い持分を持っている供与国としての立場と、その持分も考えることになるだろう。





t

【韓国】< ムン大統領が誕生しても…>なぜか韓国特有の病「火病(ファビョン)」が“青年層”にまで広がるワケ 

1:Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/20(土) 11:58:02.13
韓国の大統領選挙が終わって、早くも10日以上が経った。現在、文在寅・新大統領への好感度は非常に高く、言葉通り一挙手一投足がニュースになっている状態だ。

一方で、文在寅大統領を支持しなかった人たちのなかには失望感もあるだろう。そんな人たちを対象にした記事も出ている。

「大統領選挙が終わり…歓喜・虚脱を超えよう」という連載記事で、「大統領選挙は終わったが、自分が支持していた候補にあまりにも精神的な結束感を見せた人たちのなかには、火病(ファビョン)を患う恐れがある」と警鐘を鳴らしているのだ。

同記事で「火病」を取り上げた背景には、ここ数年で火病患者が青年層に拡大しているという事実がある。

◆“韓国特有の病気”とされる火病

そもそも、火病という病気をご存知だろうか。

積もりに積もった怒りやストレスが原因で体や心にもたらされる苦痛のことで、呼吸困難、食欲不振、うつ症状、不眠、全身の疼痛などが起こる精神疾患のことだ。

“韓国特有の病気”とされ、同国では年間11万人が苦しんでいるという調査結果もあった。

これまでは主に40~50代の中年、そして女性患者が多いとされてきたが、ここ数年はどうも事情が変わってきたという。20~30代の青年たちの間で、火病患者が急増しているというのだ。

◆青年患者がここ数年で53%増

韓国健康保険審査評価院の資料によると、20~30代の火病患者数は2011年に1867人だったが、2016年には2859人に増えた。ここ6年間で53%も増加していることになる。

特に青年層のなかでも男性は増加が顕著で、387人(2011年)から846人(2016年)と2倍以上も増えてしまった。

“青年火病”が広がっている原因は、どこにあるのだろうか。

韓国メディアの取材に答えた専門医は、「20~30代の火病増加は就職難、貧富の格差、激しい競争文化などによる現代社会の青年問題とつながっている」と分析する。

そして「若い患者たちは主に職場や学業に対する負担感によって火病を発症する。未来に対する不確実性と、相対的な剥奪感から来る心の葛藤を訴える人が多い」と語った。

◆“ヘル朝鮮”で暮らす若者たちのストレス

韓国の若者を取り巻く社会状況の厳しさは、これまでも何度か紹介してきた。

恋愛・結婚・出産・マイホーム・人間関係をあきらめた「5放世代」(夢と希望をプラスした「7放世代」とも)と呼ばれたりする韓国の若者たちは、「スプーン階級論」という社会的“身分制度”を作り出したり、自国を「ヘル朝鮮」と自虐したりと、常にストレスが溜まっているように見える。

最近のSNS上では、「バスに乗ろうと思ったが腹が立ってタクシーに乗った」「さっきイラっとしたからコーヒーを買った」などという書き込みとともに、“シバルピヨン”(意訳すれば「ちくしょう費用」)という新造語も目につくようになった。

シバルピヨンを使わなければ、火病になるという主張だ。

◆火病は“怒り”を調節できない遠因にも

前出の専門医は、「火病はもどかしさから始まるが、次第に意欲喪失や無気力感を訴えるようになり、うつ病に発展することが多い。悪口、暴力、憤怒による行動を見せることも少なくない」と付け加えている。

成人男女の半数以上が怒りをうまくコントロールできない“怒り調節障害”を患っており、10人に1人は専門的な治療が必要な状態だという、韓国精神健康学会の調査結果もあった。

火病患者が増えれば、怒りを調節できない人も相対的に増えてしまうということだろう。

いずれにせよ、大統領選挙が終わり多くの人が喜んでいる今だからこそ、“少数派”は喪失感や虚脱感にさいなまれている。そこに火病がさらに拡大する恐れがあるわけだが、国家の未来を担う青年層たちには広がってほしくないものだ。

慎武宏 | ライター/S-KOREA編集長5/20(土) 7:00
https://news.yahoo.co.jp/byline/shinmukoeng/20170520-00071048/





t
プロフィール
2ちゃんねるの数ある板から 特亜ニュース

東亜の光

Author:東亜の光

苦情、リンク依頼などの問い合わせは↓
問い合わせ
広告依頼
translate this blog into

free counters
FC2カウンター
フリーエリア