東亜news+

東亜news+

2ちゃんねる東アジアニュース
(´・ω・`)相互RSS

元祖オワタあんてな全記事一覧他の問い合わせ | 性機能改善!ED治療薬はこちらから

【おフランス】警官がはさみで抵抗した中国人男性を射殺、中国系住民ら警察署前に集まり抗議[3/28] 

1:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2017/03/28(火) 13:22:30.88 ID:CAP_USER.net
2017年3月28日、香港メディアの東網や北米中国語メディアの美国中文網によると、フランス・パリ19区の集合住宅で26日夜、中国籍男性(57)が隣人と騒音をめぐりトラブルとなり、通報を受けて駆け付けた警官に抵抗したため射殺された。

報道によると、男性は酒に酔っていたとみられ、自宅内に入った警官に向かい、はさみを持って抵抗するなどした。男性には5人の子どもがいて、娘2人が一部始終を目撃していた。

現地の中国系コミュニティーでは警官の対応に問題があったとして不満の声が上がっており、約30人が27日、警察署前に集まり抗議活動を行った。

人民日報海外版のニュースサイトの海外網によると、現地の中国大使館はホームページを通じて声明を出し「この問題を高度に重視しており、状況把握のため警察側に連絡し、真相究明を求めた」としている。

Record china 配信日時:2017年3月28日(翻訳・編集/柳川)
http://www.recordchina.co.jp/b173554-s0-c10.html





t

【国際】「朝鮮半島緊迫化」が世界経済にもたらすリスク 日本は何をすべきか 

1:エベンキ連呼の@ばかばっか ★@\(^o^)/:2017/03/27(月) 07:07:12.96 ID:CAP_USER.net
3月10日、韓国の朴槿恵大統領(当時)が歴代の大統領として初めて罷免された。
韓国最大の財閥、サムスンの事実上のトップである李在鎔サムスン電子副会長も起訴され、韓国は国のトップと経済界の総帥が不在という異常事態に直面している。
世論はこれまでの政権、財閥への批判を強めているだけに、世論に後押しされた捜査は厳しさを増すだろう。

一つ気がかりなのが軍事的挑発を続ける北朝鮮の動向だ。
韓国と中国の関係が冷え込み始めたことも重なり朝鮮半島の情勢は一段と複雑化しており、北朝鮮の暴走にはなかなか歯止めがかからない。
米国も北朝鮮に対する強硬姿勢を示唆し始め、これ以上の状況悪化を防ぐためには、韓国の政治・経済が落ち着きを取り戻し、韓国自身が国力を増強し北朝鮮に対する抑止力を高めることが必要だ。

韓国は、荒海を漂流する船のようだ。輸出依存の経済は低迷が続いている。
そして、政治、経済、軍事に関する独裁的な決定権を持つ大統領も不在だ。財閥企業の経営も一時期の勢いはない。
それに加えて家計の債務も増加している。世界経済の環境が悪化すると、韓国にとってかなりのショックがあるだろう。

そうした状況下、韓国の世論は既存の政治への不信を募らせ、政権中枢と癒着してきた財閥の解体を求めている。
韓国では、これまで財閥企業の業績拡大をテコに経済成長を目指してきた。そして、財閥の創業者一族は事業運営への配慮などを求めて政権にすり寄り、不正な資金授受などのスキャンダルが続いてきた。
その結果、韓国経済ではサムスンなどの財閥企業による寡占状態が続いてきた。

財閥中心の経済運営が進んだ結果、中小企業の育成などを通した内需の拡大は進んでいない。
そのため、国民の多くは韓国経済の高成長を実感しづらい。
この状況を変えるためには、民主主義に基づく政治運営の基盤整備、財閥企業による寡占の是正といった構造改革が必要だ。
そして、構造改革は一時的な失業増加などの痛みを伴う。改革を進めるためには、国民に選ばれた大統領のリーダーシップが欠かせない。

実際に改革を進めることは口で言うほど容易ではない。
足許、韓国の政治は民衆の不満解決に向かい始めている。
次期大統領選の候補者の主張には、慰安婦問題の再交渉など日韓政府間で解決済みの事案の蒸し返しを目指すものが多い。
そうした政治が進めば、経済格差の是正などの本質的な問題解決は進まないだろう。
その代わりに、これまで以上の反日政策が採られ、目先の支持獲得を重視した政治が進む可能性が高い。

韓国の政治が不安定化し始めると、朝鮮半島情勢には無視できない影響が出る。それは国際社会にも、かなりのインパクトを与える。
歴史的に朝鮮半島は、大国意識の高い米中露のエネルギーがぶつかり合う重要なポイントだ。
朝鮮戦争の休戦以降は、社会主義陣営のフロントラインとしての北朝鮮、自由主義陣営の防衛線としての韓国が対峙することで、大国同士が直に向き合いエネルギーを消耗することが回避されてきた。

政治・経済が混乱し韓国の国力が落ち始めると、北朝鮮は制裁の解除を狙って軍事的挑発を繰り返すだろう。
それに歯止めがかからなくなると、中国、米国の対立につながる。
そこで、中国は北朝鮮の暴走を抑えるために朴前政権との関係強化を進めた。
しかし、北朝鮮のミサイル発射への対応策として韓国が米国のミサイル迎撃システム(THAAD)配備を進めると、中国は手のひらを返すように韓国への報復措置をとっている。

>>2

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51309

ニュース速報+ http://daily.2ch.net/newsplus/
政治ニュース+ http://karma.2ch.net/seijinewsplus/
ビジネスニュース+ http://potato.2ch.net/bizplus/
元気ニュース+ http://potato.2ch.net/wildplus/
ローカルニュース+ http://potato.2ch.net/femnewsplus/
ニュース国際+ http://potato.2ch.net/news5plus/
科学ニュース+ http://potato.2ch.net/scienceplus/
痛いニュース+ http://potato.2ch.net/dqnplus/
PINKニュース+ http://phoebe.bbspink.com/pinkplus/
お詫び+ http://potato.2ch.net/owabiplus/





t

【中韓】セウォル号引き揚げ担うのは、よりによってあの国の会社…[03/25] 

1:ろこもこ ★@\(^o^)/:2017/03/26(日) 20:09:02.41 ID:CAP_USER.net
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00000532-san-int

 3年前の春以来、韓国社会を揺るがしてきた「セウォル号沈没事件」の船体が引き揚げられた。テレビ各局はその様子を一斉に現場中継している。修学旅行の高●生など多数が犠牲になった韓国海難史上最悪のこの事故では、当局の対応策に世論の批判が噴出。とくに事故直後の動静があいまいだった朴槿恵(パククネ)大統領(当時)が非難の矢を浴び、政治問題化した。

 思い起こせばこれが朴氏にとってはケチのつきはじめで、結果的にその後の弾劾・罷免にまでつながったことになる。

 事故は朴氏のみならずすべての国民にとって忌まわしい出来事だったが、その沈没したセウォル号の引き揚げを担っているのが中国のサルベージ会社とあって街の声は複雑だ。韓国では今、在韓米軍の対北ミサイル防衛網配備を非難する中国から、観光中断をはじめ手ひどい“報復”を受け、対中感情が極度に悪化しているところだからだ。

 街の声は「よりによってなぜ中国企業なんだ?」と首をかしげているが、中国が選ばれたのは入札価格が最も安かったためだと分かった後は「安物買いの銭失い」にならなければいいが、と皮肉っている。全国民の関心が集中する場面だけに、世界トップ水準の日本のサルベージ会社が引き受けなかったのは、幸か不幸か?(黒田勝弘)

●=手へんに交





t

【米韓】 米国に対する悲劇的片思い~米国は韓国を捨てはしないが関心もない[03/24] 

1:蚯蚓φ ★@\(^o^)/:2017/03/25(土) 00:44:20.02 ID:CAP_USER.net
片思いは誰でも一度はする経験だろうと思います。新しく来た先生や隣りの学校の学生、名前も知らない誰かを思うことは成長期に必要な経験かもしれません。しかし、大部分の片思いは悲劇です。自分を好きでなかったらどうしようとくよくよ心配しても結局、あの人は私に関心さえないことを知ることになります。それを知ることは衝撃的です。

米国国務長官レックス・ティラーソンが東アジアに行って残した余波がまるで超特急台風のようです。特に韓半島はですね。あちこちで心配と憂慮の声が出ています。ティラーソン長官は安倍晋三日本総理、楊潔チ中国外交担当国務委員と晩餐をしましたが唯一、ユン・ビョンセ外交部長官とはしませんでした。その上ティラーソンは日本を「最も重要な同盟」と呼び、韓国は「重要なパートナー」と言いました。オバマ政府の時は「核心軸」と呼ばれましたが。

結局、韓国が降格されたのではないか、トランプ政府は韓米同盟を米日同盟よりさらに低く見ていはしないか心配しています。米国が私たちを捨てるのではないか、関心が低くならないだろうか心配は昨日今日のことでありません。

2015年、リッパート米国大使テロ攻撃後の対応が良い例です。奇怪な扇の舞い公演やママ部隊の花篭デモなど度が過ぎた反応が続きました。政治家たちの病気見舞いが過度で病院がこれを阻止したりもしました。心配を越える恐怖の表出でした。2017年軍歌が鳴り響く太極旗集会に唐突に登場した星条旗もまた、似た原因による症状ということができます。

私たちの心配は妥当でしょうか?トランプ政権は韓国を捨てたり最小限軽く見るのではないでしょうか?答えは「ノー」です。北朝鮮を「大きな心配事」と見て「新しい制裁など重大な追加措置」を強調したのはオバマ前大統領も同じでしょう。中国と韓国で大きな議論になるTHAADもオバマ政権主導で始めました。

オバマ政権で韓国は「核心軸」と見られますが、日本中心の東アジア構想を持ち上げる軸でした。中国の戦略的脅威を牽制する尖兵として韓国の価値はいつも変わりません。さらに遡れば2002年、北朝鮮を悪の枢軸と呼んだ共和党のブッシュ大統領、1994年、寧辺(ヨンビョン)核施設を爆撃しようとしたのは民主党のクリントン大統領でした。

時間が過ぎて政権が変わっても米国の韓半島政策は基本的に大きく変わらなかったのです。今後も大きく変わらないでしょう。米国の心は初めから変わらないから、私たちの心配は妥当ではありません。その心配が妥当でないもう一つの理由は本来、心配すべきことを忘れているからでもあります。それはつまり私たちの未来でしょう。

米国が私たちの未来を守るのではありません。いくら私たちが「信頼」しても、哀願しても、武器を買ってもですね。事実、米国は私たちにこれと言った関心がありません。PSYが忘れられ、韓国は単なる北朝鮮と向き合っている国、サムスンと現代の国程度に戻っています。その中に数千万の人々が北朝鮮の砲台に人質として生きていること、それで米国が脅威的な発言をするだけでも政局が揺れることを彼らは知らず、知ろうともしません。

だから激変する世界情勢で韓半島の安全を模索することは全て私たちの役割でしょう。驚くべきなのは米国の利益と韓国の運命を同一視する韓国国内の声です。制限的軍事行動が全面戦争になりかねない国の外交部長官ユン・ビョンセは「軍事的抑制方案」まで言及しました。米国の見解が韓国指導者に投影されていることが分かります。問題はこの様な政治指導者がユン・ビョンセ長官だけではない点です。

大統領候補の口を注視しなければなりません。片思いをしているなら、その人の好みに合わせようとします。似た服も着てみて、その人のなじみの店にも行ってみます。その人とさらに近づいたようで、それだけで嬉しいのです。しかし、そのような努力にもかかわらず、片思いは相変らず片思いとして残ります。その上そのような努力と苦労をたくさんするほど、片思いの結末はより一層みじめです。しかし、この様な片思いの真実に向き合うことが難しいのは青少年だけではなさそうに見えます。

ナム・テヒョン米国ソールズベリー大教授(政治学)



ソース:京郷新聞(韓国語) [世の中読み取り]米国に向かった悲劇的片思い
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201703232046035&code=990100





t
プロフィール
2ちゃんねるの数ある板から 特亜ニュース

東亜の光

Author:東亜の光

苦情、リンク依頼などの問い合わせは↓
問い合わせ
広告依頼
translate this blog into

free counters
FC2カウンター
フリーエリア